2016年8月23日

あなたにとっての「生きがい」は何ですか?

 

人にはそれぞれ、好きなこと、やっているとすごく楽しいこと、イキイキすることがあります。人によってそれは違いますが、何かしら自分にとっての「生きがい」を持って生きている方が多いのではないでしょうか。

それが趣味であったり仕事であったりは様々ですが、最近は「好きなことを仕事にする」というような風潮もみられるようになりましたね。

某有名な動画サイトでもよく宣伝しているのを見かけます。

「好きなことで生きていく」そんなフレーズが印象的です。

 

しかしそんな中で、自分の好きなこと、やりたいこと、やりがい、生きがいが見つけられない人もいるのが現状です。

特に若い人に多く見られますが、

「やりたいことが見つからない」

「特に趣味もない」

「将来のことなんてよく考えてない」

「適当に就職して、普通に生活していくんじゃない?」

などなど、自分の未来に対して希望が持てずにいる人が多いのです。

(趣味がない、という人ほどその傾向にある気がします)

yuka16011201IMG_5612_TP_V

無気力、そして鬱へ・・・

 

「何やりたいことがない」

「毎日つまらない」

こういう思考は実は危険だったりします。

 

「楽しいことが無い、やりたいこともない」

「毎日がつまらない」

「未来に楽しみが見えない」

「生きていてもつまらない」

「生きている意味があるのか?」

たいてい、このようにマイナスな思考はどんどんエスカレートしていきます。

特に、社会人など日々ストレスが溜まりやすい環境にいる人ほど顕著です。

仕事で失敗して、「自分はダメな人間なんだ、やりたいこともないし未来もない、生きる希望が持てない、だったら死んだほうが・・・・」

 

大げさに見えるかもしれませんが、実際にこうなってしまうのでマイナスな思考は恐ろしいのです。

 

だからといって、いきなり「趣味を持て」なんて言われても困りますよね。

 

まずは、あなたにとって何が生きがいになるのか。

 

それを見つけていく必要があります。

 

カウンセリング

自分は何をしているときが楽しくて、生き生きできるのか。

それを知ることができるのがカウンセリングです。

 

カウンセラーとの会話の中で、自分でも知らなかった自分の一面や、「自分はこういう時にイキイキできるんだな」ということを知ることができます。

「自分でも気づかなかったけど、○○してる時が一番楽しんでるんだと知れた」

そういう方は意外と多いのです。

 

あまりピンとこない方や、

「自分でも気づいてないことなんてあるのか・・・?」

と思われる方もいますよね。でも、それが以外とあるものなんです。

主観でものごとを考えたり、自分について分析していてもそれには限界があります。何事もそうですが、第三者が交わると新しい発見があったりするのです。

カウンセリングを通して普段は見ない視点で自分を見てみることで何か新しい自分が見えてくるかもしれません。

 

カウンセリングって鬱病などの精神病の方が行くようなイメージもあったりしますが、シャンティのカウンセリングに来られる方の中には鬱ではなく、自分の未来についてコーチしてほしいという方もたくさんいらっしゃいます。

ですので、「やりたことが見つからない」「将来が不安」など、そういう気持ちがある方はお気軽に受けてみてください。

きっと、新しい発見がありますよ。

 

▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

http://www.shanti-ok.com/counseling/counseling.html

アトリエシャンティ

カウンセリングルーム(岐阜駅、各務原窓口)

tel  058-337-5852

mail  shantinews8@gmail.com

 

 

 

 

2016年8月23日