2016年11月12日

「うつ病」

今、うつ病で悩んでいる方はいませんか?

 

うつ病は誰しもなる可能性のある病です

自分の置かれた環境、人間関係など、さまざまな要因が絡み合って精神的に負荷がかかり、それが悪化するとうつ病をはじめとした精神疾患として体に現れてしまいます。

 

うつ病はとても有名な病名であり、だんだん日本の社会にも認知されるようになってきました。

近年、過労死や過労によるうつなどの理由で自ら命を絶つ人が増え、テレビのニュースなどでもそういった内容のものを見かけるようになりました。

それを受けて、最近では社員の労働環境を見直す企業や、メンタル面のケアに重点を置く企業も増えてきました。

また、企業などはもちろん、学校でもそういった対策が行われているところは多いようです。うつ病は、社会人に限った話ではなく、思春期の中学生や高校生でもなる可能性があるのです。

 

うつ病を発症しやすいのは、真面目で責任感が強く、完璧主義である人とされています。

もちろんすべてがそうだとは限りませんが、こういったタイプの人は責任を果たそう、周りの期待に応えようと自分の許容量をオーバーするまでがんばりすぎてしまうことがあります。

 

その結果、こころのSOSに気付かずうつ病を発症してしまう、ということが多いのです。

また、周りに気を遣いすぎる人、周りからの評価を気にしすぎる人などもつ病になりやすいといわれています。

 

うつ病になると、注意力が下がったり、極端な無気力状態に陥ったり、ひどい自己嫌悪、自殺願望などさまざまな負の感情が沸き上がってきます。

PAK93_taikusuwariatama20140322_TP_V

 

カウンセリングで相談

うつ病になってしまったら、もう本人の力だけで何とかしようと思っても難しいです。それに、もうそんな元気すらなくなってしまっている状態なので、なかなか自力で解決するというのは期待できません。

 

そこでおすすめなのが、カウンセリングです。カウンセリングは、薬を使わずカウンセラーとの対話の中で症状を改善させていく方法なので、薬に依存したりする心配もありません。

また、カウンセラーが親身になって話を聴いてくれるので、何でも話しやすいと評判です。

最初は自分の内面についてうまく話せなかった人も、だんだん自分の気持ちや考えを伝えられるようになっていきます。

takebe160224360i9a0623_tp_v1

うつ病はつらいものです。

しかし、少しでも前に進む勇気を出せば、治るのです。

今うつ病で悩んでいるあなた、ぜひカウンセリングで一歩踏み出してみてください。

 

▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

http://www.shanti-ok.com/counseling/counseling.html

アトリエシャンティ

カウンセリングルーム(岐阜駅、各務原窓口)

tel  058-337-5852

mail  shantinews8@gmail.com

 

 

2016年11月12日