2017年1月25日

うつ病の治療

 

現在日本ではうつ病患者の数は増加しており、2008年にはうつ病と躁うつ病合わせて100万人以上になったといわれています。

2008年の時点でそれだけのうつ病患者さんがいるということ、そして医療機関に受診に行っていない人も含めると、2017年現在ではこの倍以上の方がうつ病で苦しんでいるかもしれません。

 

うつ病については世間でも様々な議論がされていますが、うつ病は甘えといったような意見や、そう思い込んでいるだけでは、というような言葉も目にします。

しかし、実際にうつ病で苦しんでいる人はたくさんいるのです。うつ病になったことがない人がどんな意見を交わそうとも、実際に自ら命を絶ちたくなるくらい深く苦しんでいる人は、実際に存在するのです。

カウンセリングにも、うつ病で悩んでいる方、うつ病を治療したいという方がたくさんいらっしゃっています。

 

うつ病治療にはよく抗うつ剤等が用いられますが、薬の摂取による治療は効果が望めない場合も多くあります。

カウンセリングに来られた方の中にも、長年うつ病の薬を飲んでいるが一向によくならない、という方がいました。

症状が現れては飲んで、現れては飲んで、を繰り返すうちに体が慣れてしまったのかもしれません。

 

薬を飲めば、正常な精神を保つためのバランスが崩れた脳に作用して、薬を飲んだ後は気持ちが楽になったり、精神的にも安定しています。

しかし、本当の意味でうつ病を完治させ、うつ病になる前の健康的な精神状態に戻るには、薬ではだめなのです。

 

うつ病は多くの場合、突然発症するわけではなく、人間関係において問題を抱えていたり、昔からの性格的な部分に由来しています。

人見知りだったり、引きこもりがちな性格だったり、うまく自己表現できなかったり…

それらが積み重なったり、ある出来事とそれらが合わさってはたらいてしまって、結果的にうつ病になってしまうというケースが多くあります。

 

そのような場合、特に薬で完治させることは難しいでしょう。

 

うつ病を根本から解決させるには、その人自信がずっと抱えている問題や、うつ病になってしまった原因に向き合っていく必要があるのです。

向かい合うという表現をしましたが、考え方を変える、価値観を変える、といったことも大切です。

 

カウンセリングは、うつ病の治療にとても適しています。

カウンセリングでは、カウンセラーとの対話の中で、自分の内側、根本の部分と向き合っていきます。

そしてうつ病の治療、完治へと導いていくのです。

 

「長い間うつ病で苦しんでいたけど、抗うつ剤はずっと飲み続けなければならないし、飲んでもあまりよくなっている気がしないので、友人に勧められた名古屋のカウンセリングを受けてみることにしました。カウンセリングは病院で医師の方とお話するようなイメージだったんですが、実際に受けてみたらとてもいろんなことが話せて、自分てこんな考えを持っていたんだなとか、いつもこんな考えにとらわれているんだなとか、自分のことを見つめなおすことができました。自分を俯瞰してみているようで、じゃあこうやったら解決できるのかも、というのが自分自身で見つけられました。そうして少しずつ前向きに自分のダメなところを改善していくことができて、今ではうつ病もしっかり治って、再発することもなく毎日元気に過ごせています。」名古屋市在住 OL Sさん

 

このように、長年薬では解決できなかったうつ病が、カウンセリングによって治療できたという例もたくさんあります。

今うつ病で悩んでいる方、治療したい方は、ぜひ勇気を出してカウンセリングを受けてみてください。

 

あなたのその一歩は、10年後のあなたを大きく左右するかもしれません。

 

sky

 

▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

http://www.shanti-ok.com/counseling/counseling.html

アトリエシャンティ

カウンセリングルーム(名古屋窓口)

tel 052-778-9671

愛知県名古屋市千種区京命1丁目3-36

mail  shantinews8@gmail.com

2017年1月25日