2017年2月23日

うつ病を治療するカウンセリング

 

最近うつ病についてお話することが多いですが、みなさんはうつ病に対してどれくらい理解があるでしょうか。

 

社会人になると、もしかしたら会社の同じ部署の中にうつ病の人がいたり、うつ病で休職、または退職してしまった人もいるかもしれません。

そんな方を見て、周りの人はどんな反応を示しているでしょうか。

 

うつ病は、残念なことですがまだ世間の人にとっては「甘えている」「根性がない」とみられがちです。

また、うつ病になったことがない人はなかなか理解するのが難しく、理解してあげたいのにすれ違ってばかりでうまくうつ病の人と関わることができない、ということもあるようです。

 

「彼がうつ病の治療中で、理解してあげたいけど、知らないあいだに彼にうつ病の症状が出ていて喧嘩が多くなってしまう。あとで『あの時はうつっぽくて・・・』と言われて、そこでようやく症状が出ていたんだなということがわかる。今後どうやって接していけばいいかわからない」

という話も聞きました。

pak160224230i9a0330_tp_v1

 

うつ病を経験したことがある人は、やはり同じ辛さを味わっただけに、他人事ではいられませんよね。

しかし、うつ病になったことがない人にとっては、それは未知のものであるため、なかなか理解できないことも多いのです。

 

でもうつ病は決して甘えているのではなく、また根性がないわけでもありません。

前まではうつ病に理解のなかった、元気だった人が転職をきっかけにうつ病になってしまったなんていうのもよくある話です。

 

 

では、うつ病になった場合にはどのように治療すればいいのでしょうか。

 

 

うつ病の治療はカウンセリングで

 

うつ病は、カウンセリングで治療することができます。

薬を使わない、安全な方法として世間的にもうつ病治療の方法の1つとしてとても人気を得ています。

 

カウンセリングでは、カウンセラーがあなたの話を親身になってじっくり聴いていきます。

また、カウンセラーが一方的にアドバイスするのではなく、話を聴いていく中であなたの中の本音や悩みの根本を引き出してそこから解決へと導いていきます。

他人から言われるのではなく、あなた自身の答えや考えから解決方法を探していくのです。

 

また、カウンセリングでは、自分でも気づいていなかった自分の心の声や、ずっと抱えていた問題を知ることができます。

それを知り、自分の考え方や価値観を見直すことができれば、自分との向き合い方や、これからの人生への向き合い方にも変化が訪れます。

 

だからこそ、うつ病治療にはとても最適なのです。

 

うつ病の治療には薬が使用されることもありますが、薬の力では根本からの解決には繋がりません。

 

うつ病は、神経を安定させる脳内物質の乱れがうつの症状を引き起こすと言われています。

その脳内物質の乱れをなくすために薬を用いるのですが、そもそも、その乱れは強いストレスや過労によって引き起こされるものです。

ですから、薬で治療したとしてもまた同じような状況下に置かれたら、また同じように精神のバランスが乱れてしまうと思います。

 

そのストレスなどに影響を受けない、自分の精神を乱す根本の原因から対処していく。それがカウンセリングです。

 

もし今、うつ病で悩んでいるという方がいたら、まずはカウンセリングで治療してみてください。

また、精神的に疲れた、ストレスがたまっているという方も、お気軽にカウンセリングでご相談ください。

 

takebe160224360i9a0623_tp_v1

▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

http://www.shanti-ok.com/counseling/counseling.html

アトリエシャンティ

各務原本校:岐阜県各務原市蘇原柿沢町3-5-1

 

カウンセリングルーム(各務原)

tel  058-337-5852

mail  shantinews8@gmail.com

2017年2月23日