岐阜県各務原市のカウンセリング|うつ・パニック・引きこもり・人間関係のご相談

岐阜県各務原市のカウンセリング
うつ・パニック・引きこもり
人間関係のご相談

うつ病

  • うつ病でお悩みの方へ。薬を使わないうつ病相談は、

    岐阜アトリエシャンティのうつ病相談。

     

    岐阜県の皆さん、こんにちは。

    岐阜アトリエシャンティです。

    近年増加傾向にあるうつ病。

    岐阜でも増えてきています。

     

    「なんだか最近調子の戻りが悪いな~。」

    「小さなことで気分が沈んでしまうな~」

     

    こんな風に思うことが最近増えたな、とか

    慢性的に起こっているな、という方は多いようです。

    あなたはどうでしょうか?

     

    こんなお悩みはありませんか?

     

    ・何をしていても気分が上がらない

    ・やる気が全く起きない

    ・暗い未来しか想像できない

    ・ささいなことで過度に落ち込んでしまう

    ・仕事への意欲が低下して休みがち

     

    うつ病は最近増加傾向にあります。

    原因は色々とありますが、家庭や職場での人間関係による

    ストレスが一番の理由です。

     

    人間関係、結構悩んでいる人が多いですよね。

    原因が分かっていても、なかなか改善する糸口が

    見つからないのも人間関係の難しさです。

    相談できる人がいれば違いますが、なかなか

    いないという方も多いです。

     

    うつ病になると、ネガティブな考えをしてしまったり、

    人付き合いを避けたりと、悪循環になりやすいです。

     

    また、まだうつ病ではなくても、その前段階にあるかもしれません。

    いずれにしても早めに対処する必要があります。

     

    ではうつ病は病院にかからないと治らないのでしょうか。

    いえ、薬を使わなくてもうつ病が治せます。

    なので、病院にかかるのが嫌、薬を飲むのが嫌という方でも治すことが可能です。

    薬を使わずにうつ病を治すにはどうすれば良いのか。

     

    うつ病を治したいあなたに、ポイントを3つ紹介しますね。

     


    うつ病を治すポイント ①外に出る

    うつ病になると自分の意識が中にこもってしまい、

    ネガティブな思考になります。

    また、屋内にひきこもりがちになったり、周囲に意識が向かず

    悪循環になります。

    まずは家の外や会社の外にでてみて下さい。

    そしてできれば散歩をして、外の景色に意識を向けてみて下さい

    それだけでも結構気持ちは落ち着いてくると思いますよ。

    毎日継続するよう心掛けてみて下さい。

    いつでも空いたときに手軽にできるのでおすすめです。

     

     

    うつ病を治すポイント ②体を動かす

    うつ病になると意欲が低下して、体を動かさずに

    ネガティブな思考だけが独り歩きすることがあります。

    そんな時は少しだけ頑張って、体を動かしてみて下さい。

    最初に紹介した散歩でも良いですし、簡単にできるスポーツや

    ジョギングでも構いません。

    やり始める時はエネルギーがいりますが、いざ始めるとうつ病を

    改善するホルモンが出てきて気持ちが上がります

    これも毎日継続することが大切です。

     

     

    うつ病を治すポイント ③ストレスの一番の原因を特定する

    うつ病の原因はストレスが大きいです。

    まずはその原因が何かを考えて見て下さい。

    「なんとなく気分がのらないな~。」

    そんなときは、何がそうさせているのかを考えてみて下さい。

    原因が分かれば対策できます。

    まずは、ストレスとなる原因を特定して、その対処を続けることで

    改善していきますよ。

    対処しにくいものには、友人や家族など、誰にでも相談して下さい。

    自分一人で悩まず相談することはとても大事です。

     

     

    いかがでしょうか。

    岐阜でも増えてきているうつ病ですが、必ず治ります。

    まずはこれまで紹介した3つを心掛けてみて下さい。

    でも、それでもうまくいかなかった方は、

    岐阜アトリエシャンティのうつ病相談を受けてみてはいかがでしょうか?

    岐阜アトリエシャンティのうつ病相談で

    うつ病が改善する理由を3つ説明します。

     


    岐阜アトリエシャンティのうつ病相談でうつ病が改善する理由

    その① 岐阜アトリエシャンティでは経験豊富なプロのうつ病カウンセラーが相談を受けるので

    とても効果が高いです。

    うつ病でお悩みの方の様々なパターンの蓄積があります。

    なので、そこからあなたに合った解決方法を提供することができます。

     

     

    岐阜アトリエシャンティのうつ病相談でうつ病が改善する理由

    その② 落ち着いた空間、秘密厳守なので誰にも話せないようなことも相談できます。

    うつ病の相談はデリケートな所なので、相談できる人が周りにいない方も

    多くいらっしゃいます。

    岐阜アトリエシャンティはプライバシーを厳守して気軽に相談しやすい環境です。

    安心してご相談下さい。

     

     

    岐阜アトリエシャンティのうつ病相談でうつ病が改善する理由

    その③ 人との関わり方を学ぶことができる。

    うつ病を引き起こす原因であるストレスのほとんどは、

    対人関係から発生します。

    うつ病の方の多くは、人との関わりが苦手である方に多いです。

    岐阜アトリエシャンティーでは、良いコミュニケーションの

    取り方も教わることができます。

    コミュニケーションに精通した講師から、良い人間関係を構築する為の

    方法を学ぶことがきます。

    良い人間関係を構築して、ストレスを減らすことで悩みは解決していく

    と共に、うつ病はどんどん改善していきますよ。

     

     

    ストレスを減らすことでうつ病を治し、あなたを元の健康な状態に

    戻していきましょう。

    きっと充実した毎日が待っているはずですよ。

     


    体験者の声

    30代 岐阜在住 男性 製造業

    仕事が日々忙しく、プライベートと仕事にはさまれて

    ストレスに耐えられなくなったことでうつ病になりました。

    相談できる人もおらずつらかったです。

    それから何年もその状態が続き、自分はもう駄目なんだなと思っていましたが、

    それでもなんとかならないものかと解決策を探してみたところ

    岐阜アトリエシャンティを見つけ、うつ病相談を受けてみました。

    結果的には大正解で、うつ病は薬を使うことなく完全に克服できました。

    人との関わりを変えるだけでこんなにも人生が変わるものかと驚いています。

    多くの人が、このうつ病相談を受けてうつ病が減ってくれると良いなと思います。

     


    料金:5000円3900円

    ※キャンペーン価格

    気になりましたらお気軽にご相談ください

    お問合せはこちらからどうぞ

    TEL  :  058-337-5852

    mail : shantinews8@gmail.com

    岐阜県各務原市柿沢町3丁目5-1

    岐阜で評判がいいと言われているカウンセリング!(岐阜本校 窓口)

    詳細はコチラ

    http://www.shanti-ok.com/tarot/tarot.html

     

    dai

  • うつ病でお悩みの方へ。薬を使わないうつ病相談は、

    岐阜アトリエシャンティのうつ病相談カウンセリング。

     

    岐阜でうつ病に悩んでいる、またはうつ病ではないかと思っている方へ。

    こんなお悩みはないでしょうか。

     

    ・何をしていても気分が上がらない

    ・やる気が全く起きない

    ・暗い未来しか想像できない

    ・人と関わると疲れてしまうので一人になりたい

    ・うつ病なんじゃないかと思ってはいるが病院にかかりたくない

     

     

    うつ病は最近増加傾向にあります。

    原因は色々とありますが、家庭や職場での人間関係による

    ストレスが一番の理由です

     

    人間関係、結構悩んでいる人が多いですよね。

    原因が分かっていても、なかなか改善する糸口が

    見つからないのも人間関係の難しさです。

    相談できる人がいれば違いますが、なかなか

    いないという方も多いです。

     

    うつ病になると、ネガティブな考えをしてしまったり、

    人付き合いを避けたりと、悪循環になりやすいです。

     

     

    でも、安心してください。

    うつ病は直すことができます。

    それも、多くの場合は薬は必要ありません。

    なので、病院にかかるのが嫌、薬を飲むのが嫌という方でも大丈夫です。

     

    うつ病を治したいあなたに、

    ポイントを3つ紹介しますね。

     

    うつ病を治すポイント ①相談できる人を探す

    うつ病って苦しいですよね。

    「自分はもうだめな人間だ」とか、

    「人生なんてこんなもんだ」といってあきらめていませんか。

    あなたはうつ病に苦しめられているだけで、本来はそんな弱い人ではありません。

    ちょっとしたきっかけがあれば、うつ病をやっつけることができます。

     

    その方法の一つは、相談できる人を持つことです

    相談できる人が一人でもいる、それはうつ病を克服するための大きな力になります。

    「そもそも相談できる人がいないから苦しいんだよ」といわれるかもしれません。

    でも、あなたのことを分かってくれる人は必ずいるものです。

    まずは「うつ病を克服して、本来の自分に戻ろう!」と頑張ってみてはどうでしょうか。

    相談できそうな人を探すところから始めてみませんか。

     

    うつ病を治すポイント ②あきらめない心を持つ

    先ほども言いましたが、「自分なんてこんなもんだ」とか

    「今のままでいいや」と思ってしまうのはとてももったいないです。

    あなたのうつ病は必ず治すことができます。

     

    それは、あなたが心のどこかにあきらめない心を持つことです。

    あきらめさえしなければ、必ずいつか治る日が来ます。

    今は少し体と心を休める時期なんだ、くらいに思っておいて、

    内心はいつかうつ病を克服するぞ、という気持ちを持っておくことが大事です。

    うつ病は治りますから。

     

    うつ病を治すポイント ③うつ病を病気だと思わない

    うつ病は病気です。でも、そう思わないことで楽になることがあります

    色々なストレスを受けて、自分は少し弱っているだけなんだと思えば

    気が楽ではないですか。

     

    うつ病だと診断されたとしても、自分でうつ病だと思っているとしても、

    少し弱っているだけだから、休養をとれば良くなるもんだと思ってみては

    どうですか。

     

    まずは、ストレスとなる原因を特定して、その対処を続けることで

    改善していくこともありますよ

     

    いかがでしょうか。

    岐阜でも増えてきているうつ病ですが、必ず治ります。

    まずはこれまで紹介した3つのことを心掛けてみて下さい。

     

    でも、それでもうまくいかなかった方は、

    岐阜アトリエシャンティのうつ病相談カウンセリング

    を受けてみてはいかがでしょうか?

     

    岐阜アトリエシャンティのうつ病相談でうつ病が改善する理由

    その①

    ・岐阜アトリエシャンティでは経験豊富なプロのうつ病カウンセラーが相談を受けるので

    とても効果が高いです。

    うつ病でお悩みの方の様々なパターンの蓄積があります。

    なので、そこからあなたに合った解決方法を提供することができます。

     

    岐阜アトリエシャンティのうつ病相談でうつ病が改善する理由

    その②

    ・落ち着いた空間、秘密厳守なので誰にも話せないようなことも相談できます。

    うつ病の相談はデリケートな所なので、相談できる人が周りにいない方も

    多くいらっしゃいます。

    しかし、岐阜アトリエシャンティはプライバシーを厳守します。

    安心してご相談下さい。

     

    岐阜アトリエシャンティのうつ病相談でうつ病が改善する理由

    その③

    ・人との関わり方を学ぶことができる。

    岐阜アトリエシャンティーはコミュニケーション講座も受講できます。

    コミュニケーションに精通した講師から、良い人間関係を構築する為の

    方法を学ぶことがきます。

     

    良い人間関係を構築して、ストレスを減らすことで悩みは解決していく

    と共に、うつ病はどんどん改善していきますよ

     

    ストレスを減らすことでうつ病を治し、あなたを本来の姿に戻していきましょう

    きっと充実した毎日が待っているはずですよ。

     

     

    体験者の声

    30代 男性 製造業

    仕事が日々忙しく、プライベートと仕事にはさまれて

    ストレスに耐えられなくなったことでうつ病になりました。

    それから何年もその状態が続き、自分はもう駄目なんだなと思っていましたが、

    それでもなんとかならないものかと解決策を探してみたところ

    岐阜アトリエシャンティを見つけ、うつ病カウンセリングを受けてみました。

    結果的には大正解で、うつ病は薬を使うことなく完全に克服できました。

    人との関わりを変えるだけでこんなにも人生が変わるものかと驚いています。

    多くの人が、このカウンセリングを受けてうつ病が減ってくれると良いなと思います。

     

     

    気になりましたらお気軽にお問い合わせください。

    ▼▼詳しくはこちらをご覧ください▼▼

    http://www.shanti-ok.com/counseling/counseling.html

    アトリエシャンティ

    うつ病相談 カウンセリングルーム(岐阜、各務原窓口)

    TEl : 058-337-5852

    Mail : shantinews8@gmail.com

     

     

     

    dai

  • で抱えているお悩み、ありませんか?

     

    突然ですがみなさんは、今悩みを抱えていませんか?

    大半の人、とくに社会人ともなれば、程度は様々ですがいろいろな悩みがあると思います。

    みなさんは、もし悩みを抱えてしまった時はどのように対処しているでしょうか。

     

    悩みがあるという方は、まずは相談をすることが第一です。

    1人で抱え込んでしまうと、その悩みや心のもやもやはどんどん悪化していきます。

     

    家族、友人、先輩、同僚など身近な人や、カウンセリングでも様々なお悩みのご相談を受け付けています。

    まずは、心の中にあるモヤモヤを吐き出してみてください。

     

    1つ1つは小さな悩みかもしれませんが

    それが積もり積もってうつ病などの病気に発展してしまうこともあります。

     

    うつ病は身近な人の死など

    大きなショックを原因として発症することもありますが

    大半はストレス過多や自律神経の乱れ

    自己否定感などが重なって発病に至っています。

     

    それらは、早めに対処して原因を取り除いておけば

    大事に至らずに済むことでもあります。

     

    よく癌などは早期発見が大事、ということを聞きますが

    精神面に関しても同じことが言えます。

     

    自分のこころの問題を軽視せず

    はやめに対処することで気持ちが晴れやかになり

    結果的にうつ病が防げたり、気持ちを切り替えて前向きになることができるのです。

     

    カウンセリングにも、そういったこころの問題を抱えた方がたくさんいらっしゃいます。

     

    いろんな方のお話を伺っていると、

    「まさか自分がうつ病になるとは思っていなかった。

    無気力感や自己嫌悪に襲われても、うつ病は甘えだと思って

    自力で治そうとしたが悪化してしまった」

     

    「ストレスがたまっているのは感じていたが

    仕事を休んだりしたら気合いが足りないと怒られそうだったので放っておいた」

     

    「みんなが大変な思いをしているし、カウンセリングに行くほどのことでもないかな

    と思ったのでそのまま何もしなかった。」

    など、様々な理由で憂鬱な気持ちやうつ病が悪化してしまっていました。

     

    PAK93_taikusuwariatama20140322_TP_V

     

    とくに、お悩みを抱えている方の中には

    「カウンセリングを受けるほどのことじゃない」

    と思っている方が多いかもしれません。

     

    しかしカウンセリングを受けることは

    あなたの今後の人生をもっとよくすることができる方法の1つです。

     

    カウンセリングには、うつ病や精神疾患でない方も訪れます。

    そういった方々は、「自分の今後の人生の可能性を広げるため」

    カウンセリングを受けています。

     

    カウンセラーと対話していく中で

    自分の中にある自分でも知らなかった本当の気持ちを発見したり

    自分の本音を話すことで目標が明確になったり、先が見えてくるのです。

    悩みを抱えている方も同じです。

     

    自分はなぜその悩みを抱えてしまうのか

    いつも自分の中にはどんな思考があるのか

    何が自分を苦しめているのか。

     

    それらをカウンセリングの中で発見していきます。

    カウンセリングを受けることは、自分を見つめ直すことでもあります。

     

    ここで少し、先日カウンセリングを受けられた方の声を紹介します。

    「恋愛のことで悩んでいたんですが

    友達に相談したり職場の先輩に相談したりしても

    なかなか解決に至らなかったのでカウンセリングで相談してみました。

    こんなこと相談していいのかなというような気持ちもありましたが

    相談してみたらすごく気持ちが軽くなって

    1人でモヤモヤと悩んでいた時間がもったいなかったなぁと思いました。

    彼との仲も今ではすごく良くなって、受けてよかったなぁと思います。

    カウンセリングってとても堅苦しいというか

    何か精神的な病気がある人じゃないと行っちゃだめなのかなぁと思っていたので

     

    今回カウンセリングを受けて

    気軽になんでも相談していいんだとわかってよかったです。」

    愛知県一宮市在住 20代 女性

     

    このように、早めにカウンセリングで相談して解決していくことで

    ストレスや鬱な気持ちを振り払い前向きな気持ちになることができます。

     

    もし今悩んでいることがあるという方

    お気軽にカウンセリングでご相談ください。

     

     

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/counseling/counseling.html

     

    お悩み解決、一宮のカウンセリング

    アトリエシャンティ

    名古屋校:愛知県名古屋市千種区京命1丁目3-36

    一宮校:愛知県一宮市野口1丁目6-22 一宮市産業体育館

    カウンセリングルーム(名古屋、一宮窓口)

    tel  052-778-9671

    mail  shantinews8@gmail.com

     

    yoshi

  • 名古屋でうつ病治療を迷っているあなた

    あなたの荷物を一緒にもたせてもらえませんか?

     

    こんなお悩みありませんか?

    *なんでもないところで急に泣けてきた

    *仕事に行くのがストレスなのか、

    会社を目の前にしたら急に足が動かない

    *苦手なあの人がいると思っただけで体が硬直する

    *食欲もわかない

    *ベッドに入るけど全然寝付けない

    *何も手につかない 家に帰ってただボーっとするだけ

     

    こんな状態、本当に辛いですよね。

    自分がうつになってきそう…

    私のこの状態ってうつなんだろうか…

    誰かうつじゃないと言ってほしい

    薬を飲むことが怖い…

    薬が始まったらずっと飲まないといけないんじゃないか

    薬漬けになってしまうんじゃないか…

     

    できれば病院に行きたくない

    でもこの状態は辛い

    でも、うつって言われたら怖い

    認めたくない 自分がそんなにも弱い人間だって

     

    そんな気持ちになることもありませんか?

    自分が弱いって認めることって本当に怖いですよね

     

    『うつ』は心の風邪なんです。

    風邪は誰でもなるものなんです。

    あなたが弱いからでも何でもありません。


    心の風邪を引いたあなたへ

    心の処方箋 その1

    頑張っている自分を認めましょう

    あなたは今、十分に頑張っているのです

    きっとあなた自身は、頑張れていない

    もっと頑張れるはず…

    そう思っていませんか?

     

    あなたは頑張っているんです。頑張りすぎるほど。

    頑張り屋さんだからこそ

    あなたは心の風邪を引いてしまったんです。

     

    大切な誰かが風邪を引いた時

    あなたはどうしますか?

    大切な誰かが早く元気になれるように

    何かをするのではないでしょうか?

    そのことをあなた自身にしてあげてください。

     

    まずは風邪を引いてしまうほどあなたは

    頑張っていることに気がついてあげてください。

    そしてあなた自身を労わってあげてください

    癒してあげてください

     

     

    今、一番あなた自身が求めていることは

    あなた自身を癒してあげることではないでしょうか。

     


    心の風邪を引いたあなたへ

    心の処方箋 その2

    誰かを頼ってみる

     

    あなたは人に頼ることが苦手ではありませんか?

    うつになりやすい人の傾向の中に、

    『仕事や家事を人任せにできない人』

    があると言われています。

     

    頼ることができない、任せることができない

    それはなぜでしょう?

     

    頼ると迷惑になってしまうかなぁ

    自分でやった方が早いし

    そう感じたりすることもありますよね。

    そう思えば思うほど、

    あなたは一人で頑張ってしまう

     

    それは、あなたは心の隅っこで相手のことを

    信じきることができていないのかもしれません

    頼ってもいい相手だということを

     

    相手に頼る相手を信じること

     

    相手を信じて、少し頼ってみれば、

    あなたが両手いっぱいに抱えた荷物、

    その荷物を一緒に持ってくれる人は

    必ず周りにいてくれますよ。

     


    それでもやっぱり私ってうつかもしれない…

    そう感じているあなた

    病院でうつの治療をした方がいいのか…

    そう迷っているあなた

    病院でうつ治療をする前にお勧めしたいものがあります。

     

    それは名古屋にある『アトリエシャンティのカウンセリング』

    カウンセリングって聞くと

    なんだか暗い印象があるかもしれませんね。

     

    アトリエシャンティのカウンセリングは

    明るい雰囲気で

    心が軽く温まる場所なんですよ。

     

    なぜうつ治療をする前に名古屋アトリエシャンティの

    カウンセリングをおススメするのか その1

    あなたに安心して話していただけるよう

    心に寄り添ったコミュニケーションを大切にしています

     

    あなたの心の悩みを軽くしていく

    そのために必要なことはあなたに安心して話していただくこと

     

    安心できないと心の内側って

    なかなか人に見せることできませんよね。

    しかも、心の内側を見せることって

    とっても勇気がいることでもありますよね。

    そんなあなたに安心してもらう

    そのために、

    『心に寄り添ったコミュニケーション』

    アトリエシャンティではそこを大切にしています

    だからこそあなたに安心して話していただくことができる

    あなたの悩みを軽くしていくためのお手伝いができる

     

     

    なぜうつ治療をする前に名古屋アトリエシャンティの

    カウンセリングをおススメするのか その2

    あなたに今必要なものは何か

    具体的にお伝えしていくことができます

     

    あなたに寄り添いお話をじっくりと伺う

    それはあなたの心の荷物を少しでも軽くしたいから。

    お薬に頼ることなく

    あなた自身の力でそこから乗り越えられる

    そのサポートを全力でしていきたいから。

     

    あなたにお話ししていただいた中から

    今のあなたに必要なことをアドバイスさせていただきます。

     

    アドバイスもらってもやれるのかなぁ

    そんな不安が頭をよぎるかもしれません

     

    大丈夫です。

    あなた一人で頑張らなくても。

    アトリエシャンティのカウンセラーが

    いつでもあなたを応援しているから。

    あなたが乗り越えられるように

    いつでも見守っています

     

    今は眠っているあなたの力

    それを一緒に見つけにいきましょう。

     


    <カウンセリングを受けたお客様の声>

    名古屋市在住 30代女性

    仕事に行っても会社を目の前にすると足が動かなくなってしまう

    いつも帰りの電車の中で号泣してしまう

    そんな毎日でした。

    誰かに相談したくても心配を掛けさせてしまうから相談もできない。

    私から笑顔も消えていました。

    自分ではどうしようもなくなって、辛くて仕方がなくて。

    うつ病かもしれない…そう思っても病院に行くことが怖くて。

    そんな時に名古屋にあるアトリエシャンティのカウンセリングを知りました。

    カウンセリングを予約するのもすごく勇気がいって、不安がいっぱいで。

    でも行ってみると、とても落ち着く場所で。

    棘だらけだった私の心も取れていくような感じでした。

    今まで一人で重たい荷物を抱えていました。

    カウンセリングを受けて、その荷物を一緒に持ってもらうことができて、私の心は軽くなっていきました。

    今ではあの時が嘘のように自然と笑える自分になりました。

     


    不安な思いで、重たい荷物を抱えているあなた

    私たちにその荷物を持たせてくれませんか?

     

    気になりましたらお気軽にお問い合わせください。

     

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/counseling/counseling.html

    アトリエシャンティ

    アトリエシャンティ

    名古屋カウンセリングルーム:愛知県名古屋市千種区京命1丁目3-36

    一宮カウンセリングルーム:愛知県一宮市野口1丁目6-22 産業体育館

    カウンセリングルーム(名古屋、一宮窓口)

    tel  052-337-9671

    mail  shantinews8@gmail.com

     

    yoshi

  • うつ病を治療するカウンセリング

     

    最近うつ病についてお話することが多いですが、みなさんはうつ病に対してどれくらい理解があるでしょうか。

     

    社会人になると、もしかしたら会社の同じ部署の中にうつ病の人がいたり、うつ病で休職、または退職してしまった人もいるかもしれません。

    そんな方を見て、周りの人はどんな反応を示しているでしょうか。

     

    うつ病は、残念なことですがまだ世間の人にとっては「甘えている」「根性がない」とみられがちです。

    また、うつ病になったことがない人はなかなか理解するのが難しく、理解してあげたいのにすれ違ってばかりでうまくうつ病の人と関わることができない、ということもあるようです。

     

    「彼がうつ病の治療中で、理解してあげたいけど、知らないあいだに彼にうつ病の症状が出ていて喧嘩が多くなってしまう。あとで『あの時はうつっぽくて・・・』と言われて、そこでようやく症状が出ていたんだなということがわかる。今後どうやって接していけばいいかわからない」

    という話も聞きました。

    pak160224230i9a0330_tp_v1

     

    うつ病を経験したことがある人は、やはり同じ辛さを味わっただけに、他人事ではいられませんよね。

    しかし、うつ病になったことがない人にとっては、それは未知のものであるため、なかなか理解できないことも多いのです。

     

    でもうつ病は決して甘えているのではなく、また根性がないわけでもありません。

    前まではうつ病に理解のなかった、元気だった人が転職をきっかけにうつ病になってしまったなんていうのもよくある話です。

     

     

    では、うつ病になった場合にはどのように治療すればいいのでしょうか。

     

     

    うつ病の治療はカウンセリングで

     

    うつ病は、カウンセリングで治療することができます。

    薬を使わない、安全な方法として世間的にもうつ病治療の方法の1つとしてとても人気を得ています。

     

    カウンセリングでは、カウンセラーがあなたの話を親身になってじっくり聴いていきます。

    また、カウンセラーが一方的にアドバイスするのではなく、話を聴いていく中であなたの中の本音や悩みの根本を引き出してそこから解決へと導いていきます。

    他人から言われるのではなく、あなた自身の答えや考えから解決方法を探していくのです。

     

    また、カウンセリングでは、自分でも気づいていなかった自分の心の声や、ずっと抱えていた問題を知ることができます。

    それを知り、自分の考え方や価値観を見直すことができれば、自分との向き合い方や、これからの人生への向き合い方にも変化が訪れます。

     

    だからこそ、うつ病治療にはとても最適なのです。

     

    うつ病の治療には薬が使用されることもありますが、薬の力では根本からの解決には繋がりません。

     

    うつ病は、神経を安定させる脳内物質の乱れがうつの症状を引き起こすと言われています。

    その脳内物質の乱れをなくすために薬を用いるのですが、そもそも、その乱れは強いストレスや過労によって引き起こされるものです。

    ですから、薬で治療したとしてもまた同じような状況下に置かれたら、また同じように精神のバランスが乱れてしまうと思います。

     

    そのストレスなどに影響を受けない、自分の精神を乱す根本の原因から対処していく。それがカウンセリングです。

     

    もし今、うつ病で悩んでいるという方がいたら、まずはカウンセリングで治療してみてください。

    また、精神的に疲れた、ストレスがたまっているという方も、お気軽にカウンセリングでご相談ください。

     

    takebe160224360i9a0623_tp_v1

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/counseling/counseling.html

    アトリエシャンティ

    各務原本校:岐阜県各務原市蘇原柿沢町3-5-1

     

    カウンセリングルーム(各務原)

    tel  058-337-5852

    mail  shantinews8@gmail.com

  • 鬱病を悪化させない!鬱を治す名古屋のカウンセリング

     

    最近鬱病についてお話することが多いですが、みなさんは鬱病に対してどれくらい理解があるでしょうか。

     

    社会人になると、もしかしたら会社の同じ部署の中に鬱病の人がいたり、鬱病で休職、または退職してしまった人もいるかもしれません。

    そんな方を見て、周りの人はどんな反応を示しているでしょうか。

     

    鬱病は、まだ世間の人にとっては「甘えている」「根性がない」とみられがちです。

     

    また、鬱病になったことがない人はなかなか理解するのが難しく、理解してあげたいのにすれ違ってばかりでうまく鬱病の人と関わることができない、ということもあるようです。

    「彼が鬱病で、理解してあげたいけど、知らないあいだに彼に鬱病の症状が出ていて喧嘩が多くなってしまう。あとで『あの時は鬱っぽくて・・・』と言われて、そこでようやく症状が出ていたんだなということがわかる。今後どうやって接していけばいいかわからない」

    という話も聞きました。

    pak160224230i9a0330_tp_v1

     

    鬱病を経験したことがある人は、やはり同じ辛さを味わっただけに、他人事ではいられませんよね。

    しかし、鬱病になったことがない人にとっては、それは未知のものであるため、なかなか理解できないことも多いのです。

     

    しかし、鬱病は決して甘えているのではなく、また根性がないわけでもありません。

    前までは鬱病に理解のなかった、元気だった人が転職をきっかけに鬱病になってしまったなんていうのもよくある話です。

    もし、あなたの大切な人が鬱病が原因で命を絶ってしまったとしたら、あなたはその人を「弱い人間だった」と責めるでしょうか。

     

    鬱病は、悪化してしまったらほんとうに最悪のケースになりかねない病気です。

     

    もし、あなたのそばに鬱病で悩んでいる人がいたら、ぜひカウンセリングを勧めてあげてください。

    カウンセリングは、薬を一切使わない心理療法なので、薬に依存したりODに発展したりということになる心配もありません。

    また、「ずっと精神科で抗うつ剤等を飲んでも治らなかった鬱が、カウンセリングにきてからよくなっている」という声もたくさん頂いています。

     

    鬱病は、本人もつらいですが、その周りの人もつらい気持ちになることが多いです。

    悪化してしまう前に、たいせつな人を悲しい気持ちにさせないためにも、もし今心配な人はカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

    takebe160224360i9a0623_tp_v1

     

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/counseling/counseling.html

    アトリエシャンティ

    カウンセリングルーム(名古屋、一宮窓口)

    tel  052-778-9671

    mail  shantinews8@gmail.com

     

     

  • 鬱、無気力・・・あなたは大丈夫?

     

    みなさんは、「自分ってもしかしたら鬱かも・・・」と考えたことはありませんか?

     

    学生、社会人、お年寄り、誰でもなる可能性がある鬱病。

    その症状も世間的に知られてきて、ネットでは「この項目にいくつ当てはまったら鬱病の可能性があります」というような鬱病診断ができるサイトがあったりもします。

    それほど、鬱病というものは私たちの生活において近い存在になってきているのです。

     

    先日、こんな声を聞きました。

     

    「最近、何をするにもやる気が出ない。何をして生きていけばいいのかわかりません。最近は大学の勉強にも興味がわかなくなり、人付き合いもめんどくさい、趣味をやる意欲もなくなってきました。

    友人と遊びに行っても、楽しいという感情が湧かず、なぜ自分がいま友人と遊んでいるのかもわからなくなりました。毎日充実している友人たちと、自分を比べて情けなさみたいなものも感じてしまいます。

    そして休みの日の過ごし方といえば、以前は暇がイヤでとにかく予定を作ってどこかへ出かけたりしていたのですが、ここ半年ほどはずっと布団から出られず、家事をする気も起きず、ただぼーっとしていると1日が過ぎていきます。「洗濯しなきゃ・・・」と思って、そのまま1時間2時間くらいぼーっとして、やっと動けるといった感じで、とにかくなにをするにしても無気力で何もできなくなってしまいました。」

     

    こんなお話です。もしかしたら、すごく共感した方もいるのではないでしょうか。

    00_pp29_pp_tp_v1

    無気力、行動力の著しい低下は鬱の初期症状の1つです。

    さらに、元から家事がニガテな人や家ではゴロゴロしがちという方もいますが、「以前はテキパキ動けていたのにそれが急に無気力でできなくなった」というパターンは要注意です。鬱の可能性が大きいです。

     

    この状態が続くと、何かをきっかけに本格的な鬱病になってしまうこともあります。

    鬱病は1つの原因からなるものではなく、様々な要素が絡み合って発症する心の病なので、ますは初期の段階の「自分、もしかしたら鬱かも・・・」という状態の時から対処しておく必要があります。

     

    では、この無気力を改善するにはどうしたら良いのでしょうか。

     

    そんな方にぜひ足を運んでもらいたいのがカウンセリングです。

     

    カウンセリングは、病院の治療とは異なるので、「こうすれば無気力がなおりますよ」「無気力を治すためにこれをしてください」と指示をされるものではありません。

    カウンセラーとの対話の中で、なぜ自分が無気力になってしまっているのかを探り、その上でどのようにすれば無気力を解消できるのかを考えていきます。

    いま自分はどんな状態なのか?どんな思考があるのか?など、自分自身について理解する時間でもあるのです。

     

    もちろん、カウンセリングでは薬は使いません。ですので、安心して受けることができます。

    haha160306000i9a2079_tp_v1

     

    もし今、「自分は鬱かもしれない・・・」と不安になっているあなた。

    ぜひ一度、カウンセリングを受けてみてください。

     

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/counseling/counseling.html

    アトリエシャンティ

    カウンセリングルーム(岐阜駅、各務原窓口)

    tel  058-337-5852

    mail  shantinews8@gmail.com

     

     

  • 鬱病は甘え?

     

    みなさんこんにちは。

    みなさんは、「鬱病」と聞いてどんなイメージを持ちますか?

    一般的な知識としては、鬱病は日本の社会に広く浸透してきました。鬱が原因での引きこもりや自殺など、そういった出来事もメディアを通じて日本の中で起こっている事実として認識されるようになりました。

     

    しかし、まだ広く、多くの人にとっては「鬱病なんて甘えじゃないの?」という認識があるようです。

    たとえば、鬱病でよく会社を休むようになってしまった人に対して、

    「鬱とか言って、仕事をさぼりたいだけなんじゃないのか」

    「自分だけが大変だと思っているのか。みんな同じように苦労してるのに」

    「やりたくないから逃げているだけなんじゃないのか」

    という意見は、とても多いです。

     

    「鬱病は甘え」

    という認識がなかなか無くならないのが現状なのです。

    pak160224230i9a0330_tp_v1

    また、鬱病の症状には、『家事など普段はあたりまえにできていたことができず、1日中布団に横になっている』『ひどく気分が落ち込んで、何もやる気が起きない』『自己嫌悪感に襲われ、死にたいと思う』など様々な症状があらわれます。

    その症状に対しても、

    「そんなの誰にでもあること」

    「よくあること」

    「甘えているだけ」

    という意見で片づけられてしまうことがよくあるのです。

     

    しかし、こういった意識を持ってしまうのは、ある意味仕方がないことかもしれません。

    鬱病になった人ができなくなってしまった行為は、多くの人にとっては「当たり前にできること」であり、「少し頑張れば乗り越えられるもの」であり、「仕事をやめるほどのこと」ではないからです。

     

    そして、その認識は、鬱病の人、鬱になりかけている人にも存在する意識です。

    ですから、よくあるのが、鬱になりかけているのに

    「これは甘えているだけかもしれない」

    「逃げているだけなのかもしれない」

    「こんなことで仕事を休んだりしたら、甘えていると思われてしまうかもしれない」

    など、自分で自分を責めてしまいます。

     

    結果として、それはさらに鬱を悪化させるだけなのですが、世間に広く浸透したその「鬱は甘えている」という認識はなかなか消えてくれるものではありません。

     

     

    シャンティでは、カウンセリングを行っています。

    鬱病は甘えではありません。自分ではコントロールできない負の感情、それに影響されてもう長い間以前の自分のように元気でいられない、それはもう普通ではありません。しかし、あなたの意志が弱いわけではありません。あなたのせいではないのです。

     

    鬱病は自分ひとりでは解決できません

     

    カウンセリングには、鬱病だと診断された人、もしくは鬱かもしれない、気分が落ち込んでしまって立ち直れない、そんな人がたくさん訪れます。

     

    先日岐阜市内からカウンセリングに訪れた方は、

    「毎日とてもしんどくて、でも自分で甘えているだけなんじゃないかと思って誰にも相談できなかったが、思い切って相談してよかった。とても気分がすっきりして、憂鬱な気持ちがなくなった」

    というお話をされていました。

    tsu862_ohana_tp_v1

     

    もし今、疲れている、何もやる気が起きない、鬱かもしれない。

    そんな方は、ぜひカウンセリングを受けてみてください。

     

     

    その少しの行動が、きっとあなたの5年後、10年後を大きく変えてくれるでしょう。

     

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/counseling/counseling.html

    アトリエシャンティ

    カウンセリングルーム(岐阜駅、各務原窓口)

    tel  058-337-5852

    mail  shantinews8@gmail.com

  • 「うつ病」

    今、うつ病で悩んでいる方はいませんか?

     

    うつ病は誰しもなる可能性のある病です

    自分の置かれた環境、人間関係など、さまざまな要因が絡み合って精神的に負荷がかかり、それが悪化するとうつ病をはじめとした精神疾患として体に現れてしまいます。

     

    うつ病はとても有名な病名であり、だんだん日本の社会にも認知されるようになってきました。

    近年、過労死や過労によるうつなどの理由で自ら命を絶つ人が増え、テレビのニュースなどでもそういった内容のものを見かけるようになりました。

    それを受けて、最近では社員の労働環境を見直す企業や、メンタル面のケアに重点を置く企業も増えてきました。

    また、企業などはもちろん、学校でもそういった対策が行われているところは多いようです。うつ病は、社会人に限った話ではなく、思春期の中学生や高校生でもなる可能性があるのです。

     

    うつ病を発症しやすいのは、真面目で責任感が強く、完璧主義である人とされています。

    もちろんすべてがそうだとは限りませんが、こういったタイプの人は責任を果たそう、周りの期待に応えようと自分の許容量をオーバーするまでがんばりすぎてしまうことがあります。

     

    その結果、こころのSOSに気付かずうつ病を発症してしまう、ということが多いのです。

    また、周りに気を遣いすぎる人、周りからの評価を気にしすぎる人などもつ病になりやすいといわれています。

     

    うつ病になると、注意力が下がったり、極端な無気力状態に陥ったり、ひどい自己嫌悪、自殺願望などさまざまな負の感情が沸き上がってきます。

    PAK93_taikusuwariatama20140322_TP_V

     

    カウンセリングで相談

    うつ病になってしまったら、もう本人の力だけで何とかしようと思っても難しいです。それに、もうそんな元気すらなくなってしまっている状態なので、なかなか自力で解決するというのは期待できません。

     

    そこでおすすめなのが、カウンセリングです。カウンセリングは、薬を使わずカウンセラーとの対話の中で症状を改善させていく方法なので、薬に依存したりする心配もありません。

    また、カウンセラーが親身になって話を聴いてくれるので、何でも話しやすいと評判です。

    最初は自分の内面についてうまく話せなかった人も、だんだん自分の気持ちや考えを伝えられるようになっていきます。

    takebe160224360i9a0623_tp_v1

    うつ病はつらいものです。

    しかし、少しでも前に進む勇気を出せば、治るのです。

    今うつ病で悩んでいるあなた、ぜひカウンセリングで一歩踏み出してみてください。

     

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/counseling/counseling.html

    アトリエシャンティ

    カウンセリングルーム(岐阜駅、各務原窓口)

    tel  058-337-5852

    mail  shantinews8@gmail.com

     

     

  • メンタルの不思議

    みなさんは、普段メンタル面での悩みを抱えることはあるでしょうか。

     

    小学生から中学生、中学生から高校生、高校生から大学、社会人。

    中には中学を卒業してもうすでに社会に出て働く人もいるかもしれませんが、いずれにせよ、年齢が上がり環境が変わり、自分の能力も変わってくるほど自分の内面に関する悩みは増えていきますよね。

    悩みも増えるし、自分のメンタル的な部分と向き合わなければならない時間が多くなります。

     

    中には、昔は元気だったのに、失敗してたくさん怒られて、自分に自信をなくしてしまった人もいるかもしれません。

    「あれ、自分ってこんなにメンタル弱かったっけ」

     

    と思う瞬間もあるのではないでしょうか。

    メンタルというのは不思議なもので、自分の属する環境や経験してきたことなどによってガラッと変わってしまいます。

    目鼻立ちや顔の作りは環境では変わりませんが、メンタル的な部分は子どものころと大きく変わってしまったという人もいるでしょう。

    子どものころはあんなに元気だったのに、今では鬱病で悩んでいる・・・なんていうのはよく聞く話です。

     

    「治らない」と決め付けないで!

    今現在鬱病で困っている人も、なりかけている人も、「自分はもうそういう性格だから鬱病は治らないんだ」と決め付けないでください。

    メンタルは不思議なものなので、「私は元気!毎日楽しい!」と思って生活していれば本当にそのようになるし、

    逆に「自分は精神的におかしいんだ、病気なんだ」と思い込んでしまうと本当にそうなるどころかどんどん悪化していきます。

    「病は気から」とよく言いますが、あれはただの根性論ではありません。

    綿密に言うととてもいろいろな要素が絡み合ってストレスや精神的な問題から病になるのですが、やはり「自分はダメだ」というマイナスな思考は自分で自分をだめにしていきます。

    「鬱病かな」と感じたら

    「自分は鬱病なのかな」と感じたら、まずは一度相談してみてください。

    失敗して、またやってしまった、自分はダメだなぁと落ち込んでしまうことは誰にでもあります。ただ、それをいかにはやく解消して次の目標へ向かっていくかが大切です。

     

    いつまでも自分を攻め続け、何の解決策も見つからないまま、同じ失敗を繰り返し、そしてまた自分を責め・・・という悪循環が一番よくないのです。

     

    自分の心の中でモヤモヤしたものがある、ずっと暗い気持ちから抜け出せない。

    そんな時は、カウンセリングを頼ってみてください。

     

    「私は病気じゃないから受けたくない」という人もいるかもしれませんが、カウンセリングは病気でなくとも受けることができます。むしろ、病気になる前、そうならないために受けるのです。

     

    シャンティのカウンセリングでは、カウンセラーが親身になって話を聴き、今後あなたが人生をもっと楽しくイキイキとすごせるようにサポートします。

     

    まずはお気軽にご連絡ください。

    img_2826-1.jpg

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/counseling/counseling.html

    アトリエシャンティ

    カウンセリングルーム(名古屋、一宮窓口)

    tel  052-337-9671

    mail  shantinews8@gmail.com