岐阜県各務原市のカウンセリング|うつ・パニック・引きこもり・人間関係のご相談

岐阜県各務原市のカウンセリング
うつ・パニック・引きこもり
人間関係のご相談

夫婦

  • 夫婦仲、うまくいっていますか?

     

    近年急激に増加してきた「離婚」。

    みなさんは、ご自身の夫婦仲について考えたことはあるでしょうか。

     

    結婚してすぐ、または2,3年の間は大きな問題もなく幸せに過ごせていた、という話はよく聞きます。

    私も友人の結婚式に何度か出席していますが、やはりあの瞬間は夫婦ともに幸せそうで、「これからふたりで幸せになります」というような言葉もよく聞きました。

    これから始まる新婚生活に胸を躍らせ、とてもきらきらしている様子が印象的でした。

     

    結婚してもう10年、20年と経つ方は、そんな夫婦を見て「あの頃は幸せだったなぁ」「若かったなぁ」なんて思うこともあるのではないでしょうか。

     

     

    カウンセリングに訪れる方の中で、かなり多いのが夫婦間のトラブルのお悩みです。

    「浮気をされている」

    「浮気してしまっている」

    「喧嘩ばかりで話にならない。最近は話すこともなくなった」

    「相手の嫌なところばかり見えてしまう」

    など、様々な相談内容があります。

     

    先日も、岐阜から訪れた女性から浮気についての相談を受けました。

    「相手に浮気されている。夫も離婚するというつもりはないようだが、その行為が理解できないしとても悲しい。」

    というような内容でしたが、やはり、ともに幸せになろうと誓った夫婦が、このような状況で苦しんでしまうのはとても悲しいですよね。

     

    また、子どもができてからは子どもにつきっきりになってしまい、夫婦でのコミュニケーションが少なくなったという声もよく聞きます。

    本来、子どもができてからこそ夫婦で協力し合い、子育てを通してコミュニケーションを深めていくというのが望ましいとされていますが、なかなかそうはいかない場合もありますよね。

    「イクメン」という言葉が浸透してきていますが、まだまだそういったことに対して積極的になれない人や、社会的にもまだまだ認知されていない部分も多いです。

     

    では、子供が出来たら、幸せな仲の良い夫婦でいることは諦めなければならないのでしょうか?

     

    離婚1

     

    困ったらカウンセリングで相談を!

     

    子どもができたら、夫婦仲よりそっちを優先させなければならない?

    夫婦仲良くいることは難しい?

     

    そんなことはありません。

    子どもができたことにより、さらに夫婦の関係がよくなり、幸せな家庭を築いている方もたくさんいらっしゃいます。

     

    夫婦の関係を良くする、またはずっと仲良くいるためには、やはり夫婦間でのコミュニケーションが欠かせません。

    その一歩として、カウンセリングをお勧めしています。

     

    カウンセリングでは、今抱えている夫婦のトラブルを聴き、それを解決する方法はもちろん、

    これからどうすればずっと良好な関係でいられるのかもわかります。

    「こうすると絶対に夫婦仲がよくなる!」というアドバイスをするわけではなく、

    その夫婦で起こっているトラブルについてカウンセラーがじっくりと話を聴き、その夫婦にあった解決方法を見つけていきます。

     

    カウンセリングに来られた方は、夫婦仲がよくなった、そして話し合いをし問題を解決し、困難を乗り超えたことにより

    さらに仲が深まったという方もいます。

     

    今夫婦仲でお困りのあなた、ぜひ一度カウンセリングに相談に来てみてください。

     

     

    img_3287.jpg

     

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/counseling/counseling.html

    アトリエシャンティ

    カウンセリングルーム(岐阜駅、各務原窓口)

    tel  058-337-5852

    mail  shantinews8@gmail.com

  • 近年増え続ける離婚

     

    みなさんは、離婚について考えたことはあるでしょうか。

     

    何回か取り上げていますが、日本では近年この離婚率が上昇しつつあります。

    そして、近年の新しいケースとして、若い夫婦が離婚するのではなく、子供が成人し家には夫婦二人だけになるというような世代、高齢の世代の中でも離婚率が上がっているのです。

     

    前にテレビで取り上げられていた例として、夫が定年するまでへそくりを貯めておいて、夫が定年した瞬間離婚しそのへそくりと離婚の際の財産の折版でお金をもらって海外へ・・・というケースを見ました。

    なんとも衝撃的な例ですが、実際にこういうことが起こり得てしまうというのが怖いところです。

     

    高齢者の離婚については、社会の変化や結婚・離婚に対する日本国民の考え方の変化など様々な要因があると言われていますが、定年後も夫婦仲良く、最期まで手を取り合って生きている夫婦もいることを思うと、やはりその夫婦の関係性が一番重要です。

    離婚1

    離婚について考えた時、圧倒的に多いのがコミュニケーション不足。

     

    コミュニケーション、といってもただ必要な連絡事項を話すだけ、愚痴を言うだけがコミュニケーションなのではありません。

     

    相手がどんなことを考えているのか、今どんな悩みがあるのか、どんな時に嬉しいと感じるのか。

    夫婦生活が長い夫婦こそ「そんなの言わなくても、言われなくてもわかる」と思ってしまいがちですが、話してみると意外と自分が知らなかった相手の一面が見えてくることもあります。

     

    良好な関係を築くためにも、まずは相手のことを知れるよう、色んなことを聞いてみるといいかもしれません。また、普段は忙しくて、そんなコミュニケーションをとっている暇はないという方々も、少しだけでもそういう話をする時間をとってみてください。

     

    また、コミュニケーションは一方的であってはいけません。

    ですから、相手の話を聞くことももちろんですが、自分の素直な気持ちを伝えるということもとても大切です。

     

    とはいえ、長年の夫婦生活でなんだか溝ができてしまっている気がする・・・という人や、なかなかそういう改まった話をするのには抵抗がある、という人もいると思います。

    そんな時に頼ってほしいのがカウンセリングです。

    カウンセリングではそういった夫婦間での問題を解決するべく、カウンセラーがあなたの話を傾聴し解決策を考えていきます。

    最近ではカップルカウンセリングも増え、夫婦や恋人同士の仲がさらに深まったり、修復されたりという例もたくさんあります。

     

    何にせよ、やはり離婚につながってしまう原因の多くはコミュニケーション不足。

    もう一度、夫婦の関係を見直してみてはいかがでしょうか。

    %e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8%ef%bc%92

     

    ▼▼詳しくはこちらをクリック▼▼

    http://www.shanti-ok.com/counseling/counseling.html

    アトリエシャンティ

    カウンセリングルーム(名古屋、一宮窓口)

    tel  052-778-9671

    mail  shantinews8@gmail.com